携帯型水素水生成器ランキング

水素水生成器ランキング|効果のあるサーバーはこれだ!

水素水生成器をランキング形式にて紹介中!

携帯型水素水生成器ランキング|持ち運べる水素水ボトル!

読了までの目安時間:約 7分

携帯型水素水生成器のメリットとデメリット


どこにでも持っていけるポータブル型の小さな水素水生成器をお探しの方に向いています。

 

水素水濃度も高い商品も多数出ていますので、水素水の質に関しても気にすることはありません。外出時にもっていきたい方は、携帯型を選択肢に入れると良いでしょう。

携帯型水素水生成器のメリット

    • どこでも持ち運べる
    • 外出先でも水素水が作れる
    • 初期コストが安い
    • 水道水が使えれば飲み放題

携帯型水素水生成器のデメリット

    • 据置機に比べて濃度が低い
    • 一度に出来る水素水の量が少ない

ガウラウォーク水素水生成器
持ち運び用途が多い方は、ポータブル型水素水生成器が良い選択です。高濃度の水素水を飲む場合、ポータブル型では少しパワーが足りないので、家では据置型でたっぷり濃い水素水を飲み、外では素早く携帯型水素水生成器で水素を吸収。運動に仕事場に、携帯型はあらゆるシーンで活躍できます。

ポータブル型ランキング


gaura walk

フィットネスジムで鍛えた実力!

ガウラと言えば水素水サーバーで有名な会社です。フィットネスジムへの導入実績No1の水素水サーバーが特徴です。
水素水サーバーでトップのガウラが持ち運びができる水素水生成器を発売!持ち歩けるということで、「ガウラウォーク」という名前になっています。
350ccの小さな体ですが、生成する水素水は1.0ppm以上の濃度が可能。3分で作ってくれますから、待ち時間も長くない。
そして、一番の目玉が価格です。なんと3万円台で1.0ppm以上の水素水を作る生成器が買えることが驚きです。
水素水濃度と価格のバランスを考えると、もうこれしかないって感じです。デザインもおしゃれで色も10種類から選べます。私は黄色を選びました。

価格 溶存水素濃度 評価
34,800円(税抜) 1.2ppm 水素水生成器の評価5.0

自慢が出来るデザイン!自分色を選べる楽しさもあります。もちろん水素水は本物志向で1.0ppm以上!大満足間違いなし。


H.Bottle

短時間に高濃度

H.Bottleの特徴は、短時間に高濃度の水素水を作ること。たった3分で、1.0ppmを超える濃度の水素水が作れます。

一度に飲める水素水の量も300ccと、一度に飲み切る量としては丁度良い量なのもにくい。

携帯用水素水生成器として、素材も高級なものを使用しており、しっかり長持ちする水素水ボトルです。

価格 溶存水素濃度 評価
55,000円(税抜) 1.0ppm 水素水生成器の評価4.5

見た目もシンプル持ち運びに最適です。


ハイドロライトH2

初期コスト最高!

初期費用が安く、導入コストが抑えられるのが特徴。価格は安いのに、溶存水素濃度は700ppb(0.7ppm)もあります。

携帯用としては「ポケット」が有名ですが、そのポケットと同等の溶存水素濃度があります。そして価格は、ポケットの5万円に対して、ハイドロライトH2はなんと3万円!

価格 溶存水素濃度 評価
29,800円(税抜) 0.7ppm 水素水生成器の評価4

たった3分間で水素水が作れますし、携帯用水素水ボトルとしては、入門用に最適です。

私が携帯型にガウラウォークを選んだ理由


ガウラの水素水サーバーを気に入っていたというのが最初の理由です。白濁する水素水はガウラ水素水の特徴です。

 

さすがに、ガウラウォークは白濁する水素水は飲めませんが、高濃度の水素水(1.0ppm)が飲めます。そして初期コストが安いのがありがたい。

 

水素水の機能だけではなく、持ち運びする時に大切なのが大きさと見た目。おしゃれじゃないと持ち運びも嫌じゃないですか。人前で飲めない・・・

 

その点、ガウラウォークは優秀です。色も10種類ありますからね。自分の大好きな色で水素水が作れます。

 

水素水濃度を気にしている人も、水素水ボトルのデザインを気にしている人も、どちらにもおすすめできるバランスの取れた携帯型水素水生成器が、ガウラウォークなんですね。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧