水素水 生成器 コスパ

水素水生成器ランキング|効果のあるサーバーはこれだ!

水素水生成器をランキング形式にて紹介中!

コストパフォーマンスの高い水素水生成器の選び方

読了までの目安時間:約 6分

そもそもコスパが良いのが生成器


アルミパウチの水素水と比べ水素水生成器は、断然コストパフォーマンスが高いです。アルミパウチの水素水の場合、初回購入は安いことが多いですが、2か月目から通常料金になり、月間5,000円で飲み続けることは難しいです。大抵の場合、6,000円 ~ 10,000円のランニングコストがかかります。しかも飲み放題ではなく、1日300ml ~ 500ml程度の水素水になります。

 

ちなみに、アルミパウチの水素水は、こちらのサイトでランキングされています。興味のある方は、水素水のランキングで確認してみて下さい。

 

一方、水素水生成器は初期費用が高くつきますが、月々の費用がほとんどいりません。必要な費用は、機械によって異なりますが、電気代やフィルター代、充電式タイプであればバッテリー代とかそんなものです。月に1,000円も必要ないでしょう。その点を考慮すると、アルミパウチの水素水を飲み続けるよりも、水素水生成器を購入した方が、長期間で考えるとお得な選択と言えます。

水素水生成器を選ぶポイント

水素水を選ぶポイント!水素水生成器のうち、溶存水素濃度が低いものはやめましょう。たとえコストが抑えられたとしても、効果の薄い水素水を飲み続けても意味がありません。水素水生成器は、高濃度の水素水を自宅で作りだせるのが長所なんです。高濃度でなければ意味がありません。まずは、高濃度の水素水生成器を選ぶようにしてください。

 

高濃度水素水を選ぶ基準は、溶存水素濃度が1.0ppm以上であること。まずはこの基準を満たしている水素水生成器であれば問題ないでしょう。溶存水素濃度ですから注意してくださいね。発生水素量と書いてある場合もありますから。発生水素量が1.0ppmの場合、溶存水素濃度はもっと低い数値になります。溶存水素濃度1.0ppm以上であることを確認してくださいね。ちなみに、1.0ppm = 1,000ppb です。ppm と ppb と間違ってしまいそうですが、1,000倍の差があります。

 

高濃度水素水を選んだ後は、自宅に据え置きできるか、それとも持ち運びができるタイプを選ぶか。据え置き型の方が総じて価格は高くなりますが、安定して高濃度の水素水を飲むことができます。家族全員飲み放題です。一方、持ち運びタイプのものは体が小さくなりますから、それだけ安定して高濃度の水素水を作り出すことができません。ただ、携帯性に優れているのため、外出時にも水素水を作り出すことができる利点はあります。自宅で朝と夜、2回飲むだけでも水素水は効果がありますから、据え置き型で家族全員で飲んで頂く方が良いかも知れません。

 

そして、据え置き型の最後の選択は、水道直結型にするのか、給水タイプのものにするかです。こちらも、水道直結型の方が工事費用がいりますし、高くなる傾向はありますが、給水の必要がないのでとても楽ちんです。給水タイプのものは、工事が必要なくどこにでもおけるほどコンパクトに作ってあります。水道工事ができるなら、水道直結型にするのが簡単で楽ができます。

 

最後にコストの計算方法です。レンタルの場合は、迷うことなく月間の費用を考えてみると良いでしょう。問題は買取の場合です。5年間使った場合を考えてみるのが一番現実的でしょう。5年以上持つ水素水生成器が多いとは思いますので、5年以上使うことが出来たら、5年以降はただで使用できていると思って喜んでください(^▽^)

水素水生成器のコスパ

私が飲んでいる水素水は、ガウラの水素水です。ガウラの水素水生成器は、溶存水素濃度が1.0ppmですから合格点!そして、溶存水素濃度だけではなく注入水素が28,000ppmと桁外れ。注入水素ですから、すぐに水素が飛んで行ってしまいますが、水素水作り立てですと、コップ内の水素水が白濁しています。それくらい、高濃度なんです。

 

給水型の「ガウラミニ」は、月額4,980円のレンタル費用。買取なら、149,800円です。単純に割り算すると、31か月以上飲み続けるのであれば、買い取った方が安くなります。という風に計算されると良いでしょう。

 

お勧めは、水道直結型のH2 GAURAです。冷水・温水飲めます。

ガウラの公式サイトはこちら↓

設置が難しい場合は、GAURAminiをご検討ください。あなたの健康、アンチエイジングに役立てて頂ければと思います。
ガウラミニの公式サイトはこちら↓

 

この記事に関連する記事一覧